2018年2月号

社長からのLove Letter 新創業第3期(17年度) 2月号 株式会社クエスト社長 橋本 登

『高松一高様への寄贈式 挨拶文』

今月のラブレターは先日行われた、高松一高で開催された寄贈式に際しての私の挨拶文を記載します。
『 只今ご紹介に預かりました株式会社クエスト、ダスキン太田支店代表者の橋本登と申します。 本日は、弊社ダスキン事業加盟50周年の節目に際し、本学に教育資材をご提供させて頂く記念事業を企図しましたところ快くお受け下さり、またこのような立派な寄贈式をご設営下さり誠にありがとうございます。 中條校長先生初め教職員の皆様、また伊澤副会長初め生徒会の皆様に衷心より御礼を申し上げます。 弊社は戦後すぐ私の祖父民助、そして戦地より復員してきたばかりの父博喜が、昭和21年に兄弟と共に香川産の植木鉢や火鉢、七輪などを県外の小売店に販売する陶器の卸業、及び海運業として商売を始めました。その後、時代の流れに合わせて業種を転換、昭和43年にご縁があって創設まもないダスキンフランチャイズチェーンに参加し、本日2月9日はその50回目の加盟記念日であります。
祈りの経営を提唱したダスキン創業者鈴木清一氏の報恩、托鉢の生き方に賛同した父が、お客様とのふれあいを通して 「めい あい へるぷ ゆー」 何かお役に立つことはありませんか?とこのお仕事を始めてから50年の月日が経ちました。その間、お得意先はもちろん仕入れ先や弊社社員、組織員さん、そして地域社会の皆様の温かいご支援を頂きながらここまで継続出来たことに、既に他界した先代共々本当にありがたいなあ、と感謝いたします。
また私ごとですが、本校昭和52年卒の同窓の一人として、母校の皆様が近年文武両道に渡って目覚ましく躍進されていることをたいへんうれしく存じております。これも偏に歴代教職員の皆様の熱意あるご指導、そしてその付託に応えている本校生徒の皆様の研鑚努力の賜物と心より敬意を表します。
今後も益々有為な人材を数多く輩出する、充実した学び舎であられんことを期待します。
最後になりましたが、この度弊社の経営理念の一つである地域貢献の一環として、御校の学習環境の整備にささやかながらも寄与できることを社員一同と共に喜び、そして本学の更なるご発展に熱きエールを送り、誠に簡単ではありますが御礼のご挨拶とさせていただきます。
本日はありがとうございました。合掌 』

ありがとうございました。合掌