社長より一言 5月号「熊本地震」

3月14日の夜に始まった熊本地震から3週間が経ちます。
たくさんの方が犠牲になられ余震もなかなか収まらず、まだ多くの避難者の方々がたいへんな生活を送られているようです。現地には親しい知人が多くニュースを見るたびに心配が募りますが、現実にすぐには何もして差し上げられないもどかしさに苦悩が募ります。
どうか一日も早い地震の終息と、被災された方の日常が少しずつでも取り戻せるようになることを心より祈ります。
そしてこの地域でもいつ起こってもおかしくない災害に、心構えと物理的な準備を行うことを我々も肝に銘じて行きましょう。合掌