社長より一言 1月号 吉田松陰

新年あけましておめでとうございます。

さて、今年のNHK大河ドラマの主人公は吉田松陰の妹、文を描いたものになるそうですが、その松陰は彼の松下村塾を通して幕末の志士たる多くの人材を育成したことでも歴史に高くその名を遺しています。

一つ、貴君の生きる使命は何ぞや 真の志を持て (志)
一つ、寸暇を惜しんで学問せよ (向学心)
一つ、常に気力、胆力を養え (気力)
一つ、机上の議論だけではダメだ 徹底して行動せよ (行動)

彼は門弟に真のリーダーになるために如何に生きるべきか、このように説き続けていたそうです。

私も年頭に当たりまず自分自身の本当の使命は何か、改めて自分自身を見つめ直しています。
たまたま弊社屋の定礎(平成9年9月設置)には私自身の下手くそな筆字で「志と行動」と入れています。

上述の松陰の言葉を意識して書いたのではありませんが、その時の思い、決意に立ち返り、まだまだ甘い自分自身を反省してその文言に恥じぬようこの一年を懸命に生きて行きたいと思っています。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。合掌